KIYO Twitter 健康 花粉症

花粉症対策グッズ 最新のTwitter情報が神!

投稿日:

花粉症対策グッズ 最新のTwitter情報が神!

さいきん、鼻水・くしゃみがひどい。。。

そんな人は花粉症かも!

辛い花粉症の対策グッズの最新情報が知りたい!

Twitter民の花粉症対策や花粉症対策グッズの最新情報がめっちゃ参考になるんです〜。

スポンサーリンク


花粉症対策グッズ最新情報が知りたい!

多くの花粉症の方にとって、

辛く、悩ましい季節がやってきました。。。

とめどなく流れてくる鼻水、

くしゃみ、目のかゆみ。。。

女性は化粧も崩れるし、本当に花粉症って辛い病気ですよね。

これから春に向かっての時期、多くの人を悩ませるのがスギ花粉です。

なんと、日本人は4人に1人が花粉症に悩んでいるんだそう!

4人に1人って、花粉症じゃない人を探す方が難しそうですよね。

もはや、国民病とも言える花粉症ですか、

花粉症とは、

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、

くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状をひき起こす病気なんです。

2018年の春の花粉シーズンの開始は2月上旬になる見込みだそうです!

2017年12月から2018年2月にかけて

全国的に気温が平年並みと予想されることから予想されているそうです。

花粉症の症状は、以外に深刻で

「寝覚めが悪い」

「家事がおっくうになる」

「ミスが増える」

「朝の支度がなかなか進まない」

など日常生活に影響が出てしまうのです。

花粉症の症状によって起こる日常生活への悪影響で、

仕事や毎日の生活が本当に憂鬱になりますね。

今回は、そんな花粉症の対策グッズの最新や

Twitterで呟かれている、

花粉症対策や花粉症対策グッズの最新情報をまとめてお伝えします!

スポンサーリンク


花粉症対策グッズ最新情報。症状が出る前の予防が重要!

花粉症対策では、

まずは花粉症の症状が重症化しないように予防することが大事になってきます。

花粉症の予防で大事なのは、アレルギー症状が出る原因となる

花粉を吸い込まないこと!

そして、
家の中に花粉を持ち込まない対策を行うことが重要になってきます!

花粉症対策で、

基本となる欠かせない花粉症対策グッズが、マスク

花粉症対策グッズで欠かせないアイテムのひとつはマスクですね。

マスクをしても症状が変わらないという人は

普通のマスクをつけていても

水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって

90%以上の花粉をシャットアウトできるのだそう。

簡単ですぐに実践できる花粉症対策の一つです。

そして花粉症の時期の服装ですが、

花粉症対策としては

花粉がつきにくいスベスベした素材のものを着るのがオススメ!

さらに、花粉は服だけでなく髪の毛にも付着するので

花粉症の時期の外出の際は

髪をコンパクトにまとめ、

花粉が髪につかないような髪型を意識してみてください。

そして、花粉が多く飛ぶ

風の強い日は外出を控える。

晴れた風のある日(特に雨上がりの昼間)は

なるべく外出を控えるのがオススメです。
そして、

昼前から午後3時頃までが花粉の飛ぶピークの時間なのだそう。

これも重要。

洗濯物を取り込む前に、花粉を払いましょう

洗濯物を外で干した場合には、

取り込むときに、しっかりと花粉を落としましょうね。
洗濯物を部屋干しにできる方は
確実なのは部屋干し!

最近では、洗濯物の部屋干し用の洗剤や柔軟剤も充実しているので

花粉症対策で試してみては?

花粉症対策で、どんなに家に花粉を持ち込まないように気をつけていても

100%花粉を持ち込まないようにするのは難しいですよね。

そんな、家に持ち込んでしまった花粉対策には

空気清浄機を利用しましょう!
なんと、

家の中には毎日2000万個の花粉が入ってきているのだそう!!

聞いただけでも鼻がムズムズしてきそうな情報。。。

家の掃除も掃除機だと花粉が舞い上がることが多いので、

まず拭き掃除をして、花粉を除去してから掃除機を行いましょう。
そして、加湿器などを使い適度な湿度を保ちましょう。

室内環境で心地よいのは室温25度・湿度50 %と言われています!
花粉は粒子の中でも比較的大きいそうなので、

一般的な空気清浄機で除去は可能なのだそうです。

スポンサーリンク


花粉症対策グッズ最新情報。最新の治療って?

花粉症対策グッズを使って

予防や対策をしていても

花粉症の症状がなくなるわけではありませんよね。

やはり、花粉症対策として

花粉症の治療も重要となってきます。

花粉症の治療は、

大きく分けると

対症療法

根治療法

という、2つの治療法があります。

対症療法とは、

内服薬による全身療法
点眼、点鼻薬などによる局所療法
鼻粘膜への手術療法
代表的な花粉症の薬
では

・抗ヒスタミン薬


・メディエーター遊離抑制薬


・抗ロイコトリエン薬


・血管収縮薬


・ステロイド薬

などがあります。

花粉症の根治療法とは、

原因抗原(花粉など)の除去と回避
減感作療法(抗原特異的免疫療法)

という治療があるそうです。

花粉症の根治稜堡の一つである

減感作療法(舌下免疫療法)がスゴいと話題になっています。

まさかの、花粉症の完治が可能になるなんて情報も!!
そんな自宅でできる、減感作療法とは、
ごく微量のアレルギー物質をあえて体内に入れ、

少しずつ身体に慣れさせていく方法です。

減感作療法で使われる薬のひとつである

スギ花粉舌下液「シダトレン」

昨年の10月から保険適応になったそう!

アレルギーの原因物質を舌の下側に投与して粘膜から少しずつ体内に吸収させます。

治療を継続することで花粉症の症状を和らげていくという治療。

花粉症の「予防接種」のようなもので、

現在の花粉症の治療で

根治が期待できる唯一の治療法と言われているそう。

減感作療法では、花粉症の根治までに3〜5年かかるようですが、

自宅で行えることや、

治療を行なった患者の7〜8割は症状が軽くなり、

そのうちの1割は症状が全くなくなったという報告もあるそうです。
減感作療法では

口腔内のかゆみ

唇の腫れ

のどの刺激感

喘息

腹痛

などの軽い副作用が発生する場合がありますので

医師とよく相談をして治療を行うようにしましょう!
ちなみに減感作療法の費用は

保険診療で一回あたり約100円前後(3割負担)と経済的!

最近では幼児の花粉症が増えてきているようです!

子どもの花粉症は年々増えているそうで、

5~9歳で13.7%

10~19歳では31.4%

と大人の花粉症の発症率と変わらないんです。
スギ花粉が飛散する花粉症の時期に、

お子さんに、

熱はないのに“くしゃみ”や“鼻水”が止まらないなどの症状が見られた場合は

『スギ花粉症』かもしれません!
幼児期のうちに症状がみられたら、

病院でのアレルギー検査を受けることをお勧めします!

スポンサーリンク


花粉症対策グッズ最新情報。Twitter民の対策は?

色々書いてきましたが、Twitterで呟かれている

花粉症対策グッズなどがとても参考になるんです!

皆さんの症状に合わせた花粉症対策やグッズがきっとあるはず!

スポンサーリンク


まとめ

花粉症対策グッズ 最新のTwitter情報が神!

多くの人が苦しむ花粉症。花粉症対策グッズも年々効果的なものが増えてきていますね!

花粉症対策は医師と相談の上で

ご自身の症状や体質に合わせた花粉症対策グッズを試してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



お得情報




お得情報




-KIYO, Twitter, 健康, 花粉症
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザ。潜伏期間にうつる可能性は?

インフルエンザ。潜伏期間にうつる可能性は? インフルエンザは潜伏期間でも人にうつるの? スポンサーリンク インフルエンザの予防接種のメリットって? 毎年冬になると流行するインフルエンザは、ウィルス感染 …

結婚式 祝儀袋の選び方や金額の相場。

結婚式 祝儀袋の選び方や金額の相場。 結婚式でのマナーで気になることと言えばやはり、 ご祝儀の金額ですよね。 自分の身内や友人などが結婚した際にはご祝儀を包まなければいけないのですが、 あまり高額だと …

ハリケーンと台風の違いって何?タイフーン?サイクロン?

ハリケーンと台風の違いって何?タイフーン?サイクロン? 日本人にとって身近な存在である台風。 しかし世界のニュースで耳にするのはハリケーンや 日本ではあまり馴染みが無いサイクロン。。。 ハリケーンと台 …

明治神宮 初詣。駐車場や混雑状況、屋台はいつまで?

明治神宮 初詣。駐車場や混雑状況、屋台はいつまで? 日本一の参拝客が集まる明治神宮。 明治神宮への初詣の混雑状況や、 明治神宮の駐車場、屋台のことまでまとめてご紹介します! スポンサーリンク 明治神宮 …

糖質制限のやり方。ゆるい方法で痩せられる?

糖質制限のやり方。ゆるい方法で痩せられる? ゆるいやり方で痩せたい!のはみんなが思うこと。 話題の糖質制限のやり方はゆるいの? ゆるい糖質制限のやり方でも痩せるのかについて簡単にまとめました! スポン …

お得サイドバー

スポンサーリンク



人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー